整体はあくまでも補助的な役割と思うべき

病院に行っても「悪いところはない」といわれ、どうすることもできずに整体を訪れる人がいますが、整体は医療行為ではないということをしっかり認識しておく必要があります。あくまでも補助的な役割でしかないということをしっかり念頭におき、体調が悪い時にはまずは病院で医師の診察を受けるようにしましょう。病気ではないということを確認し、その上で補助的に整体を受けることをお勧めします。整体はあくまでも体をいたわることが目的で、病気を治す効果はありません。それだけでガンが治るとか、そんな特効薬では全くないのです。マッサージをしてもらえば、体が楽に感じることはあるでしょう。それと同じような役割だと思っておくことが無難です。決して100%の信頼を持っていてはいけません。病気や怪我を治すことなどできないのです。冷静な目を持ち、しっかりと判断するべきです。体調の不良は、医師に相談し、そして医療機関で治療をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>